体に良い乳酸菌について

乳酸菌と一口に言いますが、実は何種類も存在するのです。スーパーで市販されているヨーグルトや乳製品の乳酸菌も、異なる種類の乳酸菌が使われているのです。どの乳酸菌が健康によいかは、体質によっても変わりますが、一般的に体にいいと言われているのはどんな種類のものなのか、紹介します。


誰もが口にしているであろう菌は、ヤクルト菌と呼ばれるものです。正式名称はラクトバチルス・カゼイ・シロタ株と呼ばれ、ヤクルト社の販売している乳製品に含まれています。その特徴は、耐酸性だということです。これはつまり、胃の強力な胃酸に耐え、腸内に直接届く菌であるということなのです。腸内環境をととのえ、悪玉菌を減らすなどの効果が期待できます。
そのほかにも、ビフィズス菌もなじみ深い菌株の一つといえるでしょう。ビフィズス菌は厳密に言うと乳酸菌ではありませんが、一般にはその一部の種類として認識されています。嫌気性細菌といって酸素のない環境に生息しているので、空気のない腸内はビフィズス菌にとって理想の環境なのです。また、腸内環境を改善するだけでなく、アレルギーの改善にも役立つことが最近の研究でわかってきました。ビフィズス菌だけでアレルギーを治すことはできませんが、定期的に摂取することで、体質をある程度改善するのに一役買ってくれます。

Comments are closed.